本当の身だしなみにVIO脱毛を

キャンペーン

美を保つためのVIO脱毛 vio部分は他のパーツと比べると皮膚が薄くてデリケートです。
そのため、ムダ毛処理を行う際にも十分に注意しなければなりません。

vio脱毛時によくあるトラブルとして、皮膚がヒリヒリしたり痒みを感じることがあります。
これらは皮膚に小さな傷がついて軽い炎症を起こしているようなケースもあります。

なぜ傷や炎症ができるのかというと、皮膚に負担のかかる方法で処理を行っているためです。
一時しのぎの無理やり引き抜くような方法で処理を行った時によく現れるトラブルであり、
症状が現れているうちは衛生面にも徹底的に気をつけないと炎症が酷くなる可能性もあります。

また、光やレーザーによる照射でvio脱毛を行った場合、やけどをしてしまう可能性もあります。
肌に優しい施術ではありますが、毛根部分にある毛包や毛母細胞に働きかけて
再生をストップさせてしまうような方法ですので、肌へのダメージもゼロにはできません。
生産量が増える

特に皮膚の薄いvio部分はダメージを負いやすいので、出力を低めにして
照射を行ってもらうなどの工夫が必要です。また、どのような方法で処理を
行った場合でも、メラニン色素の生成量が増えて色素沈着ができてしまう
可能性があります。

色素沈着はメラニン色素の過剰生成が原因ですが、メラニン色素が増えるのは
皮膚への刺激が強いためです。

肌はターンオーバーを繰り返していますので自然に良くなることもありますが、
光脱毛を行うことでも改善できます。 damegeを受けやすい